2012年01月18日

源泉徴収の率ってひどい

アルバイトを始めたのが11月の終わり。11月は3日しか働かなかったので、源泉徴収はちょっとしかとられなかった。あれ、ほんとにこんなちょっとでいいの?と思ってしまうぐらい。それが12月は火事場仕事で18日働くことになってしまった。まあ、仕事があるってことは、ありがたいことなんですけどね。

その12月分のお給料が銀行に振り込まれたんですが、その額を見てびっくり。思わず何かの間違いじゃないかと思い、明細を問い合わせてしまいました。

結果は正しくて、源泉徴収をされたからだったんです。でもその税率はまともに会社に勤めていた時とあまり変わらないものでした。

会社にいた時は年俸制だったので、年俸から計算される所得税率をうまく月に分散させて年末調整があまりいらないように調整してくれていた(らしい)のだけど、今度のお給料は国税庁の源泉徴収の表の通りに徴収されていたので、年収は言うにおよばず(1日なんぼなんで、ボーナスなんて無いから)、月収で比較しても会社にいたときよりぐっとお給料は下がっていたのに....源泉徴収の率といったら。

びっくりというか、あきれたというか。

取れる時にとっておいて、確定申告で取り返せっていうシステムなんだろうな。

まったくもう、税金ってやつは。 
posted by くま at 18:35| Comment(0) | 隠居生活

2012年01月09日

株は怖くて、株式情報から目が離せない

会社に勤めていた時には、会社の規則で株式投資は禁止されていた。
お客様は(自分のではなく、会社の)は多岐にわたるので、いつ何時お客様の内部情報を知り、インサイダー取引が疑われるか分からないからである。自分自身のことを考えれば、そんなお客様の内部情報を知りえる機会は皆無だったのだが、規則は規則。

できるのは会社の社員持ち株会に入るのと、投資信託。自分が意図的に何を買うか、売るかを指示できないものに限られていた。

そりゃあ、自社株の値動きは会社のポータルに表示されるので、いつも見ていましたともさ。上がった下がったは、会社の価値が上がった下がったと同値ですし、どれだけ自分たちの仕事が株主に還元されているかの指標ですもの。会社は株主のもの。(自分が働いていたときには全然上がらなかった株価が、休職して社員持ち株会を退会したとたん、どんどん上がりだして、今や1.5倍になってくやしい思いをしているのはここでは置いておこう。会社の業績より、アメリカ経済全体の方が株価に影響するもんね ;_;)



会社に勤めていたときには、「就業時間中に株価情報ばかり見てデートレードしている人がいるので注意するように。社内IT環境の業務外使用は就業規則違反です。」との注意のメールを何度も受けた。へ〜、そんな人もいるんだ。その時は、そんなことする人の気持ちが全然わからなかった。そんなことする暇があるなら働けよ。その方がだんぜんいいじゃないか。


しかし、退職して定収がなくなってみると..... なるほど。仕事をしながら株価情報を片目で見ている人の気持ちがよ〜くわかる。

大きな事故なんかなくても、一日に株価が1%や2%動くなんてことは普通にある。5分で0.2%動くのもごく普通。確かに長い目で見れば、株価は景気や会社業績への相関が強いのかもしれないけど、短期で見れば投資家の気分に左右されるようだ。いまどき、1年定期の金利が0.0何%というご時世、その10倍が5分で動くとなれば、目を離せないよなぁ。2%なんていったら、何年分の金利なんだろう。

絶対安全な優良株といわれていた電力株がガタガタになっているご時世。内視鏡に強かった某レンズ会社も内部統制の問題でガタガタ。いまどき安全な株なんてありゃしない。

もともと弱気で借金がきらいなくまは、信用取引なんかできないし。景気がよくって株価が右肩上がりのときしか安心してはいられない。そりゃあ、細かく売り買いして、損も得も細かくやれば安全ってことは分かるけど、そんなにまめじゃないしなぁ。

くわばら、くわばら、やっぱり株は怖い金融商品らしい。

posted by くま at 06:53| Comment(0) | 隠居生活

2012年01月05日

投資信託はまったく分からない

仕事を辞めて、隠居生活に入るには、まず自分の経済規模を縮小して(無駄遣いを減らして)出て行くお金をセーブしなくてはいけない。なんせ入ってくるものが少なくなるんだから。でもこれが結構難しい。

次に考えるのは、なけなしの貯金をなんとか少しでも増やせないか。楽して貯金が増えるなら、こんないいことはない。でも、これってとっても難しい。ていうか、もう無理。定期予期の利率が5%もあったうん十年前ならともかく、コンマ何パーセント、へたすりゃコンマ0何パーセントの金利じゃ何年たってもちーとも増えない。

う〜んもう少しなんとかならんかなぁ。と、調べてみたのが投資信託。プロにお金を預けて、運用してもらい、儲けたお金から信託報酬をお支払いして残りをいただく。これならなまけもののくまでも出来そうだし、自分が運用するよりプロに任せた方が確実だろう。

と、なんとなくお金を運用する側が言いそうな理屈は分かるんだけど、いったいどのファンドに預ければいいのかがとんと分からない。だって、運用してくれるプロの顔が見えないんだから。そりゃ、この人ならっていう人がいれば信用することもできるかもしれないだけど、ファンドの運用成績の数字を見てもちんぷんかんぷん。

昨今のように世界的に信用収縮が起こっている状態だと、ファンドの単価も右肩下がりで落ちているし(損こいている)、配当があっても単価の落ちには追いつかないし、それでいてファンドの総額が上がっているファンドもある(損こいているのに、何故人気がある?)。

う〜ん分からん。上がっているファンドもあるけど、とっても危ない市場に投資していそうだし、そうでないファンドはみんな損しているように見えるし、何を根拠に投資家の皆さんはファンドを選んでいるの?

大学は文系でも文学部上がりで、社会人になってからはコンピュータ屋だったくまはそういった経済の仕組みが全然わからないし、どうも投資信託は合っていないのかも。なんだか、投資や運用をしないでじっとしていた方が損していないような気がしちゃうんだよね。

久しぶりに、勉強してみても全然歯が立たないものにぶちあたってしまった。
この手のものには、才能ないかも....

posted by くま at 15:56| Comment(0) | 隠居生活

2012年01月04日

退職年金

23年働き、10月末で辞めた会社の退職金を全部年金払いにした、退職年金の初めての振込みがあった。ちょっとうれしい。これで私も年金生活者の仲間入り。

公的年金はどうなるかわからないけど、退職年金は会社がつぶれないかぎり(本当か?)、支払われる。

初めての支払いは11,12,1月の3ヶ月分なので、もらった感がある。ちょっとうれしい。
でも、退職年金は生涯年金なので、1月分は.... 現在使っている駐車場代(都内、屋根つきなので、ちょっと高い)の2ヶ月分にも満たない。ちょっと悲しい。

世の中楽してお金はもらえないからなぁ。

うれしさも、中くらいなり、おらが(新)春。



早速、仕事始めとして4時間、英語の文書のレビューを行った。アルバイト、アルバイト!!

posted by くま at 17:27| Comment(0) | 隠居生活

2011年11月05日

退職して思うこと

退職してみて思うことは....まず、
なんて無職ってお金がかかるんだ〜!! っていうこと。

健康保険、国民年金、そして地方税(昨年度の収入によって額が決定される)。
なんて高いんだ。いままでは給与天引きだったので、給与明細書の上で数字として「高い」と思っていただけだが、自分で振り込んでみるとその高さが身にしみる。(所得があったときよりずいぶん安くはなっているんだけど)

こんなんで生きていけるのだろうか。
やっぱりなんかアルバイトを考えないといけないかなぁ。


いい方のことだと、
いつでもコダックが目の前でパタパタしている。

なんかうれしい...

またコダック観察日記をつけようかなぁ。
posted by くま at 12:57| Comment(0) | 隠居生活