2011年12月18日

ブリュッセルと言えば、ムール貝

ベルギーの首都、ブリュッセル。
ブリュッセルと言えば、なんと言ってもZealand Mussle ジーランド産のムール貝でしょう。
ここに着いたらまず飛び込むのが、シーフード店で、ムール貝のワイン蒸し。

ブリュッセルの店は、夕方の7時か8時頃に開いて、10時には閉まってしまう。
もちろん地元に人は予約して来るのだろうが、短い期間した滞在しない旅行者はそうはいかない。
だから、美味しい店に入れるのはラッキー。ちょっと失敗すると、すぐに満員で入れなくなってしまう。

さてさて、今回のムール貝だが、

PC141474.JPG

今までは春とか秋に来ることが多かったので、鍋の中にはいっぱいのセロリだったのだけど、今回はセロリはちょっとで、いっぱいのタマネギ。

なるほど、タマネギでもいいのか。それんらコダックにも食べさせてあげられるかも。

それにベルギーに来たら、やっぱりビールだよね。

PC141472.JPG

贅沢、贅沢。

今回は、夜に着いて、1日仕事、翌朝帰国というショートステイだったけど、2回とも夕食はムール貝にしてしまった。

ああ、うめぇ。
posted by くま at 18:56| Comment(1) | 食べ物
この記事へのコメント
>なるほど、タマネギでもいいのか。それならコダックにも食べさせてあげられるかも

タマネギ、もあんまり得意じゃない・・・ていうか苦手。
火が通ってるみたいだからだいじょ〜ぶなのかしら???しくしく。
Posted by コダック at 2011年12月19日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。