2011年11月04日

プリンターが壊れた

仕事を辞めたとたん、自宅で使っていたプリンターが壊れた。
インクジェットのカラープリンターなのだが、2色くらい色がかすれてきて、ついにインクが出なくなった。もちろん、インクカートリッジを交換してもだめ。ヘッドのクリーニングを試してもだめ。
しばらくすると、プリンターの中にインクが漏れ出した。

だめだこりゃ。
最近のプリンターは複雑になって、手でヘッドの掃除なんてできやしない。
それに、プリンター自体はとても安くなってきているのに対して、修理は手作業なのでかなりかかる。

家で資料を印刷して、電車や飛行機の中で読むなんてことは今後なくなるんだから、壊れたままでもいいか、  という考えも頭をよぎったが、やっぱり無いと不便。どうすんべえと考えているところに、隣から「買おう」という声が聞こえてきたので、買うことにした。

今まで使っていたのはHPのだけど、なんとなく耐久性がない気がして、キャノンかエプソンにすることにした。ネットで機種を選んだんだけど、最近はメーカーも機種を絞っているせいか、選択肢はほとんどない。なんとなく味気がない。

ほどなく新しいプリンターが来たので、さて設定をするかとマニュアルを読むと、ほとんどなんにも書いていない。操作パネルで設定のところを見ても、IPアドレスくらいしか設定するところがない。あ〜つまらない。

確かにコンシューマー向けの製品は設定なんて少ないほどいいんだろうけど、すべてソフトまかせだと、いじれるところがなくて、情報機器って感じがしない。

やっぱり、出荷設定のまま使って、調子が悪くなったら買い換えるっていうのが正しい使い方なんだろうなぁ。プリンターの寿命なんて、2〜3年って思って...。

あ〜つまらん。

posted by くま at 18:31| Comment(0) | コンピュータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。