2006年09月29日

麻辛!!

P9291291.JPGP9291293.JPG

最近北京に行くと一度は行く、沸騰魚郷(本当は中国の簡体字)という四川料理屋。ここの四川料理は半端ではなく効く(慣れたせいなのか、以前よりマイルドになったような気が...)。
日本人は唐辛子に辛さ(辛)にはあるていど耐性があるが、中国山椒の粒の辛さ(麻)にはほとんど耐性がない。だから写真左のような水煮牛肉(実はお湯ではなく、唐辛子と山椒の粒を山ほど投入した沸騰した油で牛肉ともやしを煮て、後で唐辛子を掬い取ったもの)のように、山椒の粒が沢山入っている四川料理の山椒の粒を噛んでしまったりすると、とたんに口の中がしびれてしまう。

でも、辛いものって... うまいんだ。
posted by くま at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1353327

この記事へのトラックバック