2006年09月18日

石化け

釣りの名人の技に、木化け石化けというものがある(らしい)。気配を完全に消して、周囲の木や石に同化する(らしい)。往年の釣り漫画、釣りキチ三平によれば、名人が「自分は木(石)だ、自分は木(石)だ」と念じて気配を消すと、木や岩の前に立つ名人の姿が、すぅ〜と消えていく。
そんな名人の技をBigFight松本の看板娘のアイちゃんは、「私時々やりますよ」と気軽に話していた。

「あの一番奥の池の大岩とかあるじゃないですか。そこにがばっと抱きついて、顔と手だけだしてこうやって竿を振るんです。身体全部を見せているより、ぜんぜんいいみたい」と、身振りつきで解説。
「それ、誰も見ていないときにやるんでしょ。恥ずかしいから」と、常連さん。
「他人がいてもやりますよ。なんで恥ずかしいですか。自分と魚との戦いじゃないですか。人なんて関係ありません。」とアイちゃん。
..... (しばし 天使のお通り) ...
「いや、やっぱし恥ずかしいから」と常連さん。

で、でも。つっこむ所はそこですくわぁ? 石化けって、石の前に立って気配を消すんであって、石に抱きつくわけじゃ...

そ、そうですか。北海道の「石化け」は、石に抱きつくことを言うんですね。確かに魚には効きそうだけど。

フライの名人のアイちゃんの講釈は、べんきょうになります。はい。
posted by くま at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 信じられない
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1276630

この記事へのトラックバック