2011年12月28日

Facebook

昨日、久しぶりに会った仕事仲間に Facebook やってる? って聞かれて、ちょっと興味がわいたので、アカウントを作ってみた。

う〜む、なるほど。
人気がでるのもわかるわ。

とにかく友達候補がものすごく沢山でてきて、その中から自分の友達を探すのが大変。

あれで、リストの中味が全然知らない人ばかりだとつまらないんだろうけど、
今友達として登録するまでもないかな、という人も含めて、そこそこ知っている人がリストされてくる。

よく出来ているわ。

本名で登録するところも好感がもてる。
posted by くま at 19:59| Comment(0) | 信じられない

仕事納め

昨日やっとアルバイトの仕事が一段落して、仕事納めとなった。
あ〜忙しかった。なんと12月は18日間も働いてしまった。
まあ、1日に働けるのは3時間〜5時間なので半日なんだけど。
それでも、なんかまともに働いていた時より火事場感があった。

以前働いていた会社は外資系だったので、クリスマス前くらいから暇になる。
くまは、アメリカやヨーロッパと働いていたので、そのくらいから相手が寝てしまう(休暇)と仕事にならない。

だからあんまり年末が忙しいって感じはなかったんだけど、今年は他の人のそんなに違わない仕事納めになってしまった。

で、以前は気がつかなかったんだけど、27日、28日くらいから正月用品って急に値上がりするんですね。びっくり。

クリスマスくらいまでなら普通の値段で変えるんだけど、仕事納めになってさて正月の準備ができる段となったら、なんてこったい。

か、買えない....。

なんか世の中って....。
posted by くま at 19:55| Comment(0) | その他

2011年12月26日

久しぶりのコダックとのデート

いや〜、今年は本当に忙しかった。
特に後半はあわただしかった。

くまの退職、コダックの退職、くまのアルバイト開始。
その合間に、実家の家業の手仕舞い。義父の介護。
毎日の家事をこなしながらの、隠居生活を目標に、あれこれと....。

KFSが無くなってからは釣りに行く回数もかなり減ったし。
とはいえ、遊びに行って楽しいところも思い浮かばないし。
わかさぎ釣りはなかなか予約を入れられないし。
そういえば最近遊んでいないなぁ。

う〜ん、介護などがあるとあまり遠くへは行けないし、
近くで遊ぶにも、今年は急に寒くなってしまったしと散々悩んだあげく、
久しぶりにコダックと2人でお外でお食事デートをしようということになった。

選んだのは、近くにあるけどもう15年か20年くらい行っていない
中国茶館で飲茶。


もっと読みたい
posted by くま at 19:46| Comment(0) | 食べ物

2011年12月25日

コダックの実力落ちる

PC241478.JPG

メリー・クリスマス。

ということで、昨日のコダックのおやつは、もちろんこれ。

キハチのケーキなので、生地も、クリームもふわふわで軽く作ってある。
高いが美味い、キハチのクリスマースショート。

以前であればこれくらい、かる〜〜〜〜くぺろりと食べてしまっていたコダックであるが、
最近ケーキはあまり与えていなかったせいか、

...... 実力が落ちてしまっていた ......

くまにも、手伝って というは、
食べ終えた後で、なんか食べ過ぎたみたい  というは、
おいしいお口になっているのに、余韻を楽しむ間もなく、胃薬を飲むは、

こ、コダック大丈夫くわぁ?
コダックの価値はどうなってしまうんだ????

美味しいケーキを食べて幸せなコダックであったが、
一方ひそかにくまを心配させているコダックでもあった。
posted by くま at 16:29| Comment(0) | コダック

2011年12月24日

新方式に苦悶

生まれて初めて人間ドックなるものに行った。
仕事を辞めたら一度全身を調べてもらうというコダックとの約束だったから。

身長、体重、視力、聴力、血液検査(腫瘍マーカーも)、心電図、血管の柔軟度、胃のX線、肺のX線、頭部MRI、頚部MRI、腹部CTなど、全身全部のプレミアコースで7万うん千円なり。一昔前なら1日か1日半コースくらいなのだが、日帰りも日帰り、なんと2時間半くらいで済んでしまった。

初めてMRIとか、CTとか入りましたとさ。
MRI、頭を固定されて筒の中に入り、十数分。耳元ではギーギー、ガコガコ、ウィーウィーンと始終煩い音がなっている。入るとき、途中でやめてくれのシグナルとしてブザーのスイッチを渡されたけど、ありゃ〜閉所恐怖症の人は入れないわなぁ。
幸いくまは、閉所恐怖は無いので、目をつぶってじっとしていられたけど(目を開けていても直ぐ前に筒の内部が見えるだけなのでつまらない)。

CTはMRIに比べると直ぐに終わってしまう。X腺カメラが輪の中をくるくる回りながら撮影し、それを輪切りの画像にするだけなのだろう。

ほとんどの検査は痛くも無く、苦痛もなんにもなく済んだのだが、胃のX線検査だけはきつかった。
前よりはかなり飲みやすくはなったようだが、あのどろっとしたバリウムを飲むのはけっこうきつい。それに、胃を拡張するための発泡剤。あれがきつい。げっぷをするなって言われても、これは反射で起きてしまうので、がまんのしようがない。

そして.... なんと新方式。バリウムに下剤が混ぜてあったとさ。(涙)
そりゃあ、すぐに排泄した方がいいものだけど....

普通検査終わってから処方された下剤をのむじゃない。
家に帰って、さていつでもトイレにいけるぞって時に。
家族の者にはごめん。しばらくこのトイレは使えないものと思ってくれ。
なんせ強力な下剤なんで、しばらくはトイレと行ったり来たり。

それが、検査を終って言われたことにゃ。
バリウムの中に下剤を入れておきましたけど、午後4時までに出ないようならこの下剤を2錠一度に飲んでくださいとな。

それを言われたときには、もう一度目の...(涙)
どうやって家に帰ればいいんだ〜〜〜〜。
会計前にもう一度。
そして一度病院を出て歩き始めて慌てて戻り....

つ、辛かった。
そりゃ〜固まってしまって便秘になったり、流れなかったするのも悲惨だけど、
下剤を飲むタイミングは自分で決めさせてもらいたかった。

新方式、他の方はどうしているんだろう。
無事に家までたどりついているんだろうか。
家まで1時間くらいの人も多いと思うんだけど。

新方式、医学的には人体にやさいしんだろうけど、人間と人間の尊厳には厳しいっす。


P.S. 2週間後の結果通知、いろいろ出るんだろうな〜。もう何年もこき使っている体だしな〜。
posted by くま at 22:13| Comment(2) | 信じられない

2011年12月19日

サンタの服装の色は何色?

ベルギーで見つけたサンタさん。

PC141471.JPG

あれ? サンタさんで間違いないとは思うんだけど、何か変????
そう、服装が真っ白なんです。

う〜ん、でも真っ赤な服を着て歩く人なんか実際にはそういないから、この方がリアルですよね。


そういえば、この季節に海外出張に出たことは全然なかった。
11月の終わりごろにサンクスギビングの4連休があり、その後2週間くらい働く日があるんだけど、12月の10日過ぎからクリスマス休暇。クリスマス休暇が終わると、今度は日本が暮れの仕事納めからお正月。それが終わると、次ぎは中国の旧正月。
いや〜、夏の7、8月と、冬の11月の終わりから2月までは世界中のどっかがお休みなので、国際会議はめったに開催されない。

だから、11月13日にEUで会議って聞かされた時は、正直びっくり。
ほんとにこの時期会議なんてやるのって。

はたしてブリュッセルに着いてみると。

PC141464.JPG

ちょっとした通りの広場には、移動式のメリーゴーランドが設置され、

PC141467.JPG

大通りには、巨大な観覧車(これもこの時期だけ組み立てられるもの)が建てられ、スケートリンクも作られていた。

PC141470.JPG

それから、こんなスノーモンスターや、サーカスの移動車両も。

もう、仕事なんかする雰囲気じゃないね。


この時期は陽もとっても短く、直ぐに暗くなってしまうのだけど、暗くなると道はこんな雰囲気。

111213_040537.jpg

路にならんでいるのは、

111213_040523.jpg

こんなクリスマス関係の屋台や、ソーセージ、お鍋、カクテル、スナック。
完全に日本の縁日の規模を大きくしたようなもの。
そうそう、風船つりならぬクリスマスベルつりや、綿菓子なんかもありました。

お仕事の会議の終わりの、主催者の挨拶も、「これから皆さんお休みだけれど、新年またがんばりましょうね」だってさ。
posted by くま at 18:18| Comment(0) | 信じられない

2011年12月18日

ブリュッセルと言えば、ムール貝

ベルギーの首都、ブリュッセル。
ブリュッセルと言えば、なんと言ってもZealand Mussle ジーランド産のムール貝でしょう。
ここに着いたらまず飛び込むのが、シーフード店で、ムール貝のワイン蒸し。

ブリュッセルの店は、夕方の7時か8時頃に開いて、10時には閉まってしまう。
もちろん地元に人は予約して来るのだろうが、短い期間した滞在しない旅行者はそうはいかない。
だから、美味しい店に入れるのはラッキー。ちょっと失敗すると、すぐに満員で入れなくなってしまう。

さてさて、今回のムール貝だが、

PC141474.JPG

今までは春とか秋に来ることが多かったので、鍋の中にはいっぱいのセロリだったのだけど、今回はセロリはちょっとで、いっぱいのタマネギ。

なるほど、タマネギでもいいのか。それんらコダックにも食べさせてあげられるかも。

それにベルギーに来たら、やっぱりビールだよね。

PC141472.JPG

贅沢、贅沢。

今回は、夜に着いて、1日仕事、翌朝帰国というショートステイだったけど、2回とも夕食はムール貝にしてしまった。

ああ、うめぇ。
posted by くま at 18:56| Comment(1) | 食べ物

2011年12月17日

BAのビジネスクラス

アルバイトを始めて最初に頼まれた仕事が、「出張行かない?」だった。

い、いきなりですくわぁ〜! とは思ったのだが、始めたばかりの仕事なので、NOとは言えない。
とってくれた飛行機のチケットを見ると、なんとディスカウント・ビジネスクラス。
ラッキー♪ これならあんまりボロくならずに行ってこられるかも。
やっぱりこの1年仕事していなかったから、出張はしんどいもんね。

乗った飛行機はBA(ブリティッシュ・エアウェイ)のボーイング777。

そのビジネスクラスの座席を見て、びっくり!
なんと、スペース効率を最大限に生かしたオイルサーディン方式のならび。
つまり、窓際が進行方向後向に座り、その内側が前向。さらに、後、前、前、後、前、後(逆の窓側)と交互に座る向きが異なり、ビジネスなのに横一列に8席。

777より胴回りが太い747のエコノミーが横10席だから、結構なスペース効率。
BAのビジネスクラスの売りはフルフラットシートなので、確かに縦は人一人十分横になれる長さがあるのだが、横はなんとも。

club-cabin.jpg

PC141477.JPG

設備は必要にして十分。なんとなくビジネスホテルのカプセルホテル版みたい。
PCを使うための電源、映画などを見られる結構大きな画面のモニター。なんと、RGBやUSBもついているので、手持ちの機器を繋いで見ることもできそう。それに耳を全部覆う形のヘッドホン。
まあ、仕事をするにしても、映画を見るにしても、寝るにしても十分。

でもねぇ。隣の席との間のディバイダイー(上がり下がりする壁の一部)を下げると、隣の人の顔が斜め前に見えてしまう。なんとも居心地が悪い。

行きは窓際の席だったので、いやが上にもカプセル感が強い。

PC141476.JPG

片側は機体の側面。片側はしきり。そして後ろはシェル型の被い。
閉所恐怖症があると、思わず、狭いよ、怖いよになってしまいそう。
でもプライバシーは完璧。

仕事をするなら迷わず窓側の席がお勧めです。

でも残念なことがいくつか。

1つは、手元ライトが仕切りのかなり低い位置にあること。
バックライトのあるPCで仕事をする。寝転がって本を読むのには困らないのだけど、背もたれを立てた状態で書類などを読もうとするとライトが当たらない。

仕事をするならPC、あとは食事をするほかはお前ら寝ておれ! という割り切りはみごとというかなんというか。 老眼が入る歳の人間は、やっぱり紙の方がいいんだけど、紙の書類を読むのはなんとも不便。

それともう一つは、後ろの席の人が立ち上がると。今まで何も無い天井が見えていたところに、頭の上から大入道がぬっと顔をだすように見える。これには正直びっくり。


窓側は確かに仕事をするにはいいけど、ゆっくりするにはやっぱり通路側。こちらは窓側と比べてずいぶん、開放感があります。くまのお勧めは、C席。

それからグループの場合は、真ん中の席。上記の並びを見るとわかるけど、真ん中だけは隣同士で同じ方向を向いた席があります。


なんにせよ、BAのオイルサーディン方式のシート並び。初めて経験しました。

posted by くま at 19:00| Comment(0) | 信じられない