2011年11月30日

アルバイトを始めました

勤めていた会社を辞めてから1ヶ月弱、アルバイトを始めました。

とある独立行政法人の専門委員。

通常のように、週5日、一日8時間働くことができないので、会社を辞めたので、リモートで時間が作れた時に自由に働けるというこの仕事はありがたい。もっとも、仕事があった時にだけなんだけど。

仕事をするのは楽しいのだけれど、1年近く仕事をしていなかったので、体がなれていなくて、やっぱり疲れる。

posted by くま at 11:19| Comment(0) | お仕事

2011年11月26日

広島風お好み焼き


111123_124354.jpg

東京では、広島風お好み焼きを出す店が意外に少ない。
ふっくらした大阪風もいいが、キャベツ沢山の広島風も捨てがたい。

池袋にも1件広島風の店があるので、久しぶりに行ってきた。
おたふくソースが美味しい。
posted by くま at 18:57| Comment(0) | 食べ物

2011年11月20日

久しぶり!!!


111120_123713.jpg

久しぶりに作りました。ええ、作りましたとも。
寸胴いっぱいのカレー。

牛のほほ肉1kg強、タマネギ9個、ジャガイモ8個、にんじん6本、マッシュルーム6パック。

充実の日曜の午前中でした。
posted by くま at 13:41| Comment(2) | 食べ物

2011年11月15日

青春の味が....

長く暑かった夏がやっと終わったと思ったら、秋は早足で駆け抜け、そろそろ冬の気配。北海道も遅い初雪を迎えたらしい。

退職後のいろいろな申請処理も終わり、北海道移住計画に思いをはせると、目の前に雪景色が浮かんでくる。まあ学生時代に雪景色といっても長野県の山小屋で見た雪景色なのではあるが。

寒い寒いと言って大きな石油ストーブを囲み、思い思いの酒で暖をとったことを思い出す。いろいろな日本酒の味を覚えたのもあのころだっけ。あの頃はまだウィスキーやブランデーは高かったなぁ。そんな学生時代、結構気に入っていたのがソ連産のウオッカ(その頃はロシアではない)。

img10192395023.jpg

アルコール度 50度。零下の寒空の下に出しておくと、とろとろになった。火がつくほど強い酒だが、冷たくするとアルコールの甘さを感じる。たしかあの頃はまだ歌声喫茶なるものがあり、新宿にあった「ともしび」という店に通っていた1年先輩が山に持ってきたのがこの酒だった。あの頃はサントリーが輸入していて、結構多くの酒屋に置いてあったっけ。

久しぶりに飲んでみるかと、ネット通販を探してみたら....



なっ、無い!!!!



どうもサントリーが輸入をとりやめ、また並行輸入を行っていた業者もいなくなってしまったようで、ものすご〜く品薄になっているようだ。

ウォッカと言えばロシアのお酒だろう! と思うのだが、日本ではロシア産のウォッカの流通量がほとんどないようで、探すのが難しいらしい。

なんてこったい!

青春の味、おいしい安酒が手に入らなくなっていたなんて...。

貿易自由化がすすみ、昔は高くて手が出せなかったスコッチやコニャックが安くなったはいいけど、逆に安い酒は手に入りにくくなってしまったのかもしれない。

なんか寂しい...。
posted by くま at 14:15| Comment(0) | 信じられない

2011年11月05日

退職して思うこと

退職してみて思うことは....まず、
なんて無職ってお金がかかるんだ〜!! っていうこと。

健康保険、国民年金、そして地方税(昨年度の収入によって額が決定される)。
なんて高いんだ。いままでは給与天引きだったので、給与明細書の上で数字として「高い」と思っていただけだが、自分で振り込んでみるとその高さが身にしみる。(所得があったときよりずいぶん安くはなっているんだけど)

こんなんで生きていけるのだろうか。
やっぱりなんかアルバイトを考えないといけないかなぁ。


いい方のことだと、
いつでもコダックが目の前でパタパタしている。

なんかうれしい...

またコダック観察日記をつけようかなぁ。
posted by くま at 12:57| Comment(0) | 隠居生活

2011年11月04日

プリンターが壊れた

仕事を辞めたとたん、自宅で使っていたプリンターが壊れた。
インクジェットのカラープリンターなのだが、2色くらい色がかすれてきて、ついにインクが出なくなった。もちろん、インクカートリッジを交換してもだめ。ヘッドのクリーニングを試してもだめ。
しばらくすると、プリンターの中にインクが漏れ出した。

だめだこりゃ。
最近のプリンターは複雑になって、手でヘッドの掃除なんてできやしない。
それに、プリンター自体はとても安くなってきているのに対して、修理は手作業なのでかなりかかる。

家で資料を印刷して、電車や飛行機の中で読むなんてことは今後なくなるんだから、壊れたままでもいいか、  という考えも頭をよぎったが、やっぱり無いと不便。どうすんべえと考えているところに、隣から「買おう」という声が聞こえてきたので、買うことにした。

今まで使っていたのはHPのだけど、なんとなく耐久性がない気がして、キャノンかエプソンにすることにした。ネットで機種を選んだんだけど、最近はメーカーも機種を絞っているせいか、選択肢はほとんどない。なんとなく味気がない。

ほどなく新しいプリンターが来たので、さて設定をするかとマニュアルを読むと、ほとんどなんにも書いていない。操作パネルで設定のところを見ても、IPアドレスくらいしか設定するところがない。あ〜つまらない。

確かにコンシューマー向けの製品は設定なんて少ないほどいいんだろうけど、すべてソフトまかせだと、いじれるところがなくて、情報機器って感じがしない。

やっぱり、出荷設定のまま使って、調子が悪くなったら買い換えるっていうのが正しい使い方なんだろうなぁ。プリンターの寿命なんて、2〜3年って思って...。

あ〜つまらん。

posted by くま at 18:31| Comment(0) | コンピュータ