2011年08月12日

アイサイトすげえ!

「ぶつからない車」のキャッチフレーズを使っているスバルのアイサイト搭載車に乗ってみた。

2つのカメラで対象物との距離を測り、30km/h未満の速度差であれば、運転者がたとえ何も出来なくても、車が自動でブレーキングを行い、寸前で止まる(なんでも運転者がこの機能に頼りきらないように、運転者が恐怖を覚えるくらいの距離で止まるらしい)。また、運転者のブレーキングが甘くても(なかなかフルブレーキは踏めるものではありません)、車がアシストしてフルブレーキにしてくれるらしい。車を運転していれば、どうしてもヒヤリとすることはある。その何分の1かは事故につながるものなのだが、もしもその事故につながるケースを回避、若しくは事故のはげしさを軽減してくれれば、それはお金では買えない価値がある。

最近どうも歳で、集中力が落ちてきており、そんなヒヤリとする事の回数が増えてきたような気がする。だから、車の方がいくらかでも助けてくれたら...。

という訳で、アイサイトには興味があったわけだが、さすがに自分で止まるかだの、ゆるいブレーキでもフルブレーキにしてくれるかだのという危ないテストをしてみる気にはならない。

だから試してみたのは、全車速追従クルーズコントロール。これは今までのクルーズコントロールがとにかくセットした車速にしようとするのに対し、決められた距離(速度によって異なる)以内に先行車がいなければ、セットした車速にしようとし、先行車がいれば、先行車と一定の距離を置いて先行車についていこうとするクルーズコントロール。当然、速度を増す時には自動でアクセルを吹かし、速度を下げる時には、エンジンブレーキ、又は必要があればブレーキングを車が自動で行う。

これが意外と使えた。渋滞時はもちろん、高速道路、一般道の走行でも十分使える。車速はハンドルに付けられたスイッチで行うので、カーブが多い一般道でも、指先で行う車速変更で安全な速度でカーブを曲がってくれる。アクセルもブレーキもほとんど踏まずに運転ができる。これって、本当にすごい。

長時間運転するときの疲れが、足を使わないだけであんなに違うとは思いませんでした。

いままで使えないと思っていたクルーズコントロール、これなら使えます!!
posted by くま at 18:29| Comment(2) | 信じられない