2010年09月16日

ボディスキャナー

先日のニューヨーク出張の時のことであるが、出発日は9月7日だった。京成スカイライナーを使ったのだが、新ルートは早くて快適。おかげで早めに空港に着いてしまった。

コンチネンタル航空のカウンター(ANAのカウンター)には長蛇の列。最近は出張が少ないので、マイレジは貧民クラス。だからエコノミークラスの列にならばなければならない。けっこううんざり。

カウンターを見ると、チェックイン機が並んでおり、そこで手続きをせいという。事前にPCチェックインを(途中まで)済ませていたので楽だったが、あの機械で滞在先のホテルなどを記入するのはちょっと面倒くさそう。それに、ANAのマイレジカードを入れても認識してくれず、マイレジ番号を手入力しなければならなかった。えっ、ここってANAがオペレーションやっているんだよね???

それでもゲートが開くまで時間があるのでぶらぶらしていると、ボディースキャナーの実証実験をやっていた。
 
 
もっと読みたい
posted by くま at 15:26| Comment(0) | 信じられない

2010年09月12日

久しぶりのアメリカ出張

昔はよく行ったもんだが、最近はとんとアメリカ出張は無くなってしまった。だからニューヨークへ行くのは8、9年ぶりかもしれない。

P9110128.JPG

さすがにこのくらい時間がたってしまうと、ミッドタウンもずいぶん変わってしまって、昔よく行った店もなくなってしまっていた。

もっと読みたい
posted by くま at 21:06| Comment(0) | 食べ物

2010年09月05日

謎の試作品

DuckyCraftでは、北国用の謎の試作品がいくつかテストされているようだ。

今回発見された試作品は、

P9041996.JPG

と、

P9041993.JPG

どうやら、ボトム用のクランクらしい。
posted by くま at 19:48| Comment(0) | コダック

2010年09月03日

月見の季節

なかなか涼風が吹いて秋らしくはならないが、コダックは秋が来るのを首を長くして待っていた。

だって、秋はコダックの大好きな月見の季節だからだ

tkm10.jpg

遠出をしたとき以外はあまり外食をしないコダックにとっては、この季節に月見バーガーを何度食べられるのかが勝負だ。昼間は会社の食堂で食べるし、夜はくまが作った食事がある。だから、いくら好きでも週に何度も月見バーガーが食べられるとは限らない。

それに今年はあまり宣伝が派手ではなかったので、月見バーガーが始まったのを知るのが遅かった! (コダック不覚!)

でも、月に1度コダックがお医者様にお薬をもらいに行く日、コダックの帰りが遅くなるので、くまがコダックのために月見バーガーを買っておいてくれた。コダックは大喜び。

袋を開けると、月見バーガーと、なんだか箱に入った大きなバーガーがある。まず最初はなんと言ってもこれだだよね。コダックを月見バーガーにかぶりついた。そして、おいしいな、おいしいなと言いながら、あっという間に完食。

ついで大きな箱を開けて????

「くまぁ、これ何ていうの?」 たまごが入っているのは分かるけど。

コダックは首をかしげた。

「大月見バーガー」 くまは大真面目で答えた。(でも目が笑っていたらしい)

「またまた〜。そんなこと言っちゃって。そんなわけないじゃない。またわたしを騙そうとして〜。で、ほんとは何ていうの?」

「だから、大月見バーガーだって。」くまは大真面目。

「そんな〜。そんなこと言ってもだめだだよ。例えばプレミアムバーガーとか。」 ぱくっ。

「大月見バーガー。」

「くまったら、そんなこと言ってもだまされないんだから」 ぱっく。 「で、ほんとはなんていうの? 教えてね。」

くまはパソコンを開けて、マクドナルドのページをひらいて、「ほら見なさい!」

「くっ、くわ〜〜〜! ホントに大月見バーガーなんだ。」コダックは大慌て。

「そんなにくまを信じないと、北の国のコダックみたいに凍った橋の欄干にくっついちゃうよ。!」

「だって、だって、またくまがわたしに嘘教えようとしてると思ったんだよ〜。またまた〜、くまったらそんな事言っちゃって〜って。」

「ほら、北の国のコダックと一緒じゃないか。」

「ほっ、ほんとうだ〜。どうしよう。」

「くまを信じない子は3点減点!」

「え〜っ、ごめんよ〜、ごめんよ〜。だってくまの目がわたしを騙す時の目だったんだよ〜。ごめんよ〜。だっから減点しないで。」

「だめ。あんなにくまが言ったのに信じないんだから。」

「ごめんよ〜ごめんよ〜。謝っているんだよ〜。ごめんなさい、ごめんなさい。べり〜〜〜いごめんなさい。」

コダックはどうやら反省したらしい。北の国のコダックに似たことをやってしまったのが、ちょっとこたえているようだった。


えっ、北の国のコダックがどうして欄干に張り付いたかだって?
それはまた別のお話。

posted by くま at 13:17| Comment(0) | コダック